日本語講師、学校の先生対象「コミュニケーション中国語」セミナー

ご参加者様から嬉しいご感想をいただきました!

 【ご職業:日本語教師  Y.T様】

 日々、手探りで日本語の指導に関わっています。初期指導がメインです。少しでもスキルアップしたいと思いセミナーに参加させていただきました。自分自身の学習経験から単語がわからなくて苦労したこともあり、「単語第一」で指導を進めてきましたが、稲葉先生の「まずは子供がクラスで孤立しないように!」というアドバイスを聞いて、本当に目から鱗が落ちました。子供にとって大切なものは何かということに気づかせていただきました。セミナー受講後は「ありがとう」「ごめん」をクラスメートにきちんと言うように、指導を担当している子供たちに念押ししています。その他にも普通話の成り立ちなど色々と勉強になりました。

どうもありがとうございました。

【ご職業:商社勤務  H.Y様】

内容が豊富で、中国語の歴史から発音の基礎まで、たくさん勉強することができて楽しかったです。ありがとうございました。特に発音は勉強になったので、意識して中国語を話すようにします。

【ご職業:介護事務所勤務  T.K様】

以前、中国語の初級講座を受けたことがあるのですが、かなり忘れてしまっていました。セミナーでは発音のポイントを分かりやすく説明していただき、大変良かったです。素晴らしい時間でした。ありがとうございました。

ご来場の皆さま ありがとうございました!

日本語講師、学校の先生対象「コミュニケーション中国語」セミナー

 終了致しました。

 

 小中学校、日本語学校、ボランティア日本語講座などで

中国語が母国語の児童、生徒に言葉や勉強を教えていらっしゃる先生、

または、今後そのお仕事をされる予定のある方を対象に体験型セミナーを開催します!

参加無料 

 

セミナー① 日時:20191026日(土)1500-1630  終了しました。ブログをアップしました!

セミナー② 日時:20191116日(土)1330-1500[受付開始1300-]終了しました。ブログをアップしました!

セミナー③ 日時:20191215日(日)1330-1500[受付開始1300-]終了しました。

<プログラム>

呼びかけと返事”日本と中国の習慣のちがい

◆日本と中国の漢字は同じようでちがう

◆子供に一番最初に覚えさせたい言葉とは?

◆“こっちを見て!”、“トイレはあそこ”、“がんばってね!”、“わかりますか?”“具合どう?”を中国語で言ってみる

児童、生徒、保護者が日本語を話せない段階で先生方がコミュニケーションをとれるように中国語の世界をご紹介します。実際に中国語をしゃべってみましょう。

セミナー①②③は同じプログラムです。

 

参加申込 参加費無料 定員※先着順に受付。満員になり次第受付終了。セミナーごとに定員数が異なります。

セミナ―①定員5/セミナー②定員20/セミナー③定員20

URLからお申し込みください。https://www.asianokotoba.com/お問い合わせ/

お問合フォームのメッセージの欄に参加希望のセミナー番号(①、②、③のいずれか)をご記入のうえ、送信してください。アジアのことば教室より参加申込の確認メールをお送りします。


1080p.mp4
https://www.dropbox.com/s/vyr8ux3g8uk6r7o/1080p.mp4?dl=0