· 

「i」と「い」と「ü」について

 中国語を勉強し始めたころは、「i」の発音方法について特に深く考えたことはなかったのですが、自分が中国語を教える立場になってから、一見簡単そうに見えるこの母音の発音の仕方、仕組みについて考えるようになりました。

 

 「i」は口角を左右にしっかり引いて発音するのがおすすめです。こうして発音してみて、あらためて日本語の「い」と比べると、日本語の「い」はそれほどしっかり口角をひかないことに気が付きます。例えば「いす」「イルカ」「いいだばし」等々。口角を左右にきっちり引いた「い」の発音は、クレイジーケンバンドのケンさんが「いーねっ」と言っている時ぐらいしか、私は思い当たりません、、、。(他に例があったら是非教えてください!)

 

 「i」の発音の時に口角をしっかり引くというのは、日本語的な音にならないようにという理由と、もう一つ別の理由があります。むしろ、こちらの方が大切かも。それは、「ü」との区別をはっきりくっきりつけるためです。

 

 異なるアルファベットを使っていますが、「i」と「ü」は兄弟姉妹のような音です。発音の作り方がとても似ています。両方とも発音時に舌が下あごに沿っており、浮かないのが特徴ですね。違うのは口角の幅です。

 

 「ü」は口角の幅が狭くなるとともに口腔内の空間も狭まりますから、この時、私たちは日本語の「や行」を発音する癖で舌がふんわり浮きがちです。ここをぐっとこらえて、舌を下の歯の裏にくっつけておくと、クリアな「ü」ができあがります。

 

 「い」感覚で発音すると「i」なのか?「ü」なのか?どっちつかずの音になってしまいます。口の幅は、大「i」→中「い」→小「ü」ですね。